プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヒロプレ】白峰 大雪

 ヒーローズプレイスメントより、
デッキ構築枚数のルールを変更する『ツンデレうどん』に引き続き、ルールブレイカーの紹介。
北海道のリーダー的なキャラクター、白峰大雪です。

白峰大雪

グランドスノー”白峰 大雪”

 RB(ルールブレイカー)  北海道1 北海道
 CH 0 拡張マスにおかれた味方キャラの数だけこのキャラにAP+500、DP+500する。この特殊能力は失われる。
 LE ルール:自分の場を3×3に拡張する。
 構築制限:北海道が20枚以上

 AP500 DP1000


 ヒーローズプレイスメントは、お互いが3×2のエリアを持ち、そこにキャラクターを配置して戦うゲームです。


 しかし、『白峰大雪』は そのルールをブレイクします。

自分の場を3×3に拡張する

masu.png

 カードテキストの下部分に、図でわかりやすく示されていますが
その通り、『白峰大雪』をスタートリーダーにしたならば、本来よりキャラクターを出せる場所が3カ所増えます。

 つまり、キャラクターを9体まで出すことができるのです!!

 相手は6体。こっちは9体。
攻撃面でも、防御面でも 数の暴力で優位に立てますね。
ずるい。


 特にこのゲームは、APに関係なく 相手プレイヤーに6回攻撃を通せば勝てるゲームなので
キャラクター数の優位はそのまま勝利につながります。
(デュエマスとある種似ています)
 

 さすがルールブレイカー!


 『白峰大雪』を使う ということは、軽くて優秀なキャラクターを並べるウィニーデッキとなるわけですが
北海道のキャラクターは全体的にコストが安く、それが作りやすいようになっています。  (*1)

 とはいえ、このゲームは キャラクターを出すのに手札コストを支払わないといけないゲームであり
1コストのキャラクターを出すためには、手札を1枚捨て。
毎ターン、2ドローできるとはいえ 場にキャラクターを9体並べるのは大変です。


 現時点では、近畿・関東の良質なキャラクターが強く
まだ、「北海道ウィニーデッキ」は そこそこの強さ止まりですが (*2)

 第2弾以降も どんどん低コストキャラクターが増えてくるでしょうから
どこかで大暴れしそうですね。

 それだけ、キャラクターが9体も置けるのは強いですよ! (*3)


ヒロプレは第3弾までが基本セット的なものらしいので、これからに期待ですね!


(c)SILVERBLITZ (c)pixiv


(*1)
第一弾の時点で、1コストキャラクターの半数が 北海道所属

(*2)
どうしても 他の地域のキャラクターの力を借りないといけない
そうすると、色事故が怖い

(*3)
白峰大雪』は もう一つ、自身の強化能力を持っていますが これはおまけですね。
(ゲーム中1回しか発動できないし)
また、場の拡張能力は、このキャラクターが死んだとしても残るので安心です。

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/77-5863569d


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。