プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アクエリ】ウェイトレス・トレイニー

 他の色と比べると 戦闘力に劣る E.G.O.(白)
そんなE.G.O.の最大の強み ともいえるのがこのカードです。

トレイニー

ウェイトレス・トレイニー  (Saga2)

 ブレイクカード  E.G.O. 1ファクター 1コスト
 ドロー+1

 3/2/2


 能力はドロー+1

 このキャラクターを支配していると、ターン開始時 ドローできる枚数が1枚増えます。

 ドロ+1キャラを2体支配しているなら 3ドロー
 ドロ+1キャラを5体支配しているなら 6ドロー!

 他のTCGからすると、嘘みたいなドロー数ですが
アクエリアンエイジはこんなゲーム。

 ドロー+1の能力自体は、特に珍しいものではなく
お互い、大量にドロー+1のキャラクターを出し合い 潤沢な手札を駆使し合って戦うのがアクエリの醍醐味! (*1)


 この『ウェイトレス・トレイニー』は そんなドロー+1を持った軽量ブレイク(進化) の1つであり
E.G.O.の序盤を支える補給線として活躍します。

 しかし、たくさんあるドロー+1キャラクターやブレイクカードの中でも、「ウェイトレス・トレイニー」は強いと言い切って問題ない強さです。
トレイニ―の強みは”ワーカー”のアイコン(種族) を持ったブレイクであるところ!


 アクエリアンエイジは 以下のようなゲーム的特徴があり
・ドロー+1を持ったキャラクターカードは 全て、”ワーカー”のアイコンを持っている
・ドロー+1キャラはどんなデッキでも8枚くらい入っている。
・パワーカードがささっていなければ、相手の場にいるキャラクターをブレイク(進化) することができる


 そう、相手の場にいる ドローキャラクターを横取りブレイクできるのです。
(パワーカードがささっていなければ)

横取りブレイクできれば、相手はドロー+1を失い、自分はドロー+1を得る。
圧倒的なアドバンテージです。  (*2)


 相手がパワーカードをさしてドローキャラクターを守ったとしても E.G.O.の得意技 パワーカード剥がしの出番

「そのドローキャラクターを 『ウェイトレス・トレイニー』で横取りブレイク!」
「『エンパシー』で 更に、そこのドローキャラクターのパワーカードを剥がして
2枚目の『ウェイトレス・トレイニー』で横取りブレイク!!」


↑の例だけで 毎ターン4ドローの差が生まれます。
凄い



 本来、 横取りブレイク という要素は、運良く相手とアイコン(種族) が被っているような
同じ色とか デッキが似通っている時にできるかどうか? の要素なのですが

この”ワーカー”だけは例外。
ワーカー”だけは どんな色でも使っていて  (*3)
その”ワーカー”を横取りブレイクするのが得意なのは E.G.O. というのが良くできています。


 こんな感じで、相手の展開力を落としつつ 自分は展開力を伸ばす
E.G.O.の強みをよく表した1枚が 『ウェイトレス・トレイニー』です。



(C) broccoli


(*1)
ただし、デッキが無くなると敗北するゲームなので
ドローしすぎも危険だったりします。

(*2)
相手がE.G.O.を使っているのを見たら ドローキャラクターを取られないよう絶対にパワーカードを差して守らないといけません。
(その結果、展開が遅れるけれども)

(*3)
ただし、のちに例外が生まれました

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/70-056536d9


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。