プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HearthStone について

 「Diablo」などが代表作のBlizzard社が出した オンラインTCG
http://us.battle.net/hearthstone/en/

 基本無料で遊べるゲームですが
 なかなか面白い、というか 最近ハマってるカードゲームです。


 ゲームシステムは、デジタルゲームで操作して煩わしくない程度に簡略化されたシンプルなもの



 そして、ゲーム全体のサイクル
 これが良くできています!!!

 これについては、こっちのblogの方で取り上げているので 参考にしてください。
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/278/

 (このblogでは カードゲーム部分を中心に取り上げます)


 以下、特徴。




・デッキは30枚。 同じカードは2枚まで

・相手プレイヤーのライフ30を0にすると勝利
デッキアウトでは敗北しないけど、デッキが無い状態でドローしようとするとダメージを受ける。  (*1)

・カードの種類は
ミニオン   … クリーチャーカード
スペル    … 呪文カード (インスタントの概念はない)
ウェポン   … プレイヤー自身が装備をして 攻撃できるようになる  (*2)
シークレット … 罠カード 条件に合うと自動的にカードが発動する。  (*3)

ミニオンAPHP を持つ。
(ターンを経過しても、HPは回復しない)

・毎ターン 使用最大コストが1ずつ増加する。 (最大10まで)

・初めに ヒーローを選ぶ。
共通カード」 + 「そのヒーロー専用カード」 でデッキを組む。
また 2コスト支払い、ヒーローに応じたヒーロースキルを使用できる。

ミニオン相手プレイヤーか、相手のミニオンを攻撃できる。  (類例:遊戯王)
ただし、「Taunt」を持つミニオンが相手の場にいる場合 それを優先的に攻撃しないといけない




 チュートリアルを遊ぶだけで、サクっとわかるくらいシンプル

 今は英語版しかないですが それが気にならないくらい、わかりやすいです。
良く出るキーワードを数点覚えれば、後は 大体 なんとなく読めます。

 (英語だからと喰わず嫌いをしている方は 一度、チュートリアルまで触ってみることをおススメします)


 ミニオンが、相手のミニオンに攻撃できるので 派手にクリーチャー戦できるのが 個人的にお気に入りポイント


 ただし、シンプルなゲーム性なので 実際のTCGのような濃い駆け引きが無いのは物足りなくあります。
 仕方ないですが…
(インスタントによる割り込みもないし)


 しかし、コンピューターTCGならではのカードデザインが多く そこが面白いところ

 このblogでも、それらのカードを取り上げていきたいですね。



 後、なまじっかMtGにノリが似ているため 
これにハマりこんだ後 MtGを遊んだら マナカーブ理論が見事に崩れてしまったので そこについてはご注意ください。


(c)2014 Blizzard Entertainment, Inc


(*1)
ただし、今のところ デッキアウト戦術をとれるカードは 今のところ無い。

(*2)
プレイヤーが武器を持って相手ミニオンに攻撃すると、ミニオン戦のように
プレイヤー自身のHPに、相手ミニオンの攻撃力分のダメージを受ける。

(*3)
どのシークレットカードを伏せたか相手にバレないよう
シークレットの使用コスト(伏せコスト)は ヒーローに応じて、全部同じ




関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/42-dc735e56


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。