プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーフファイトについて

 「リーフファイト」は、1999年にティーアイ東京から発売されたTCGです。
 遊戯王アクエリアンエイジの同級生なので、古参といえるでしょう。


 ですが発売が発表されたとき、キャラクター性はともかくゲーム性にはあまり期待されていなかったのを覚えています。
 「正直キャラゲーでしょ?」とみんな思っていました。
 
 しかし、リーフが完全監修! ルールをきちんと作りこんだ…
という触れ込みに少しココロ踊らされていたのも確かです。

 そして、発売。
 遊んでみると、リーフティーアイ東京が豪語するだけのことはありました。
 特に、「リーダーシステム」「バトルカードシステム」の2つはキャラクターをうまく生かしたシステムです。

 「リーダーシステム」は 
自分のお気に入りのキャラクターをリーダーにすることで、最初から最後まで場に出せ、

 「バトルカードシステム」は、
様々な作品のキャラクターを一同に競い合わせる上で これほど良くできた物は見たことがありません。
 力、感、早、根、賢 と5つのパラメーターを用意したことで 「キャラクターの個性を数値化する」ことにも成功しています。


いかにキャラクターの魅力をゲームに出すか」にこれほどこだわっているゲームは他にはあまりないのではないでしょうか?


 以下、ゲームの特徴。



・カードの種類は
キャラクターカード
タッグカード    … キャラクターを2体合体させるカード。
イベントカード   … いわゆるインスタント呪文。基本的にソーサリーは存在しない。
アイテムカード   … キャラクターに装備させるカード。
バトルカード    … キャラクター同士のバトルに使用。詳しくは後述。
フィールドカード  … エンチャントワールド。  (*1)

・デッキはリーダーカードを含めて、60枚ちょうど。

 同じカードは4枚まで。

・キャラクターの能力値はHP・力・早・根・賢・感の6つ。
ダメージはターン終了しても回復しない。
(チップとか、おはじき とかで記録する)

相手のリーダーカードのHPを0にする
 相手のキャラクターを5枚倒すか すると勝利。


・コストは場にいるキャラクターをタップするか、手札のキャラクターカードを捨て札することで発生する。

・ゲームスタート時に、キャラクター1枚を場に出す。

このキャラクターはリーダーとして扱われ、HPが2倍になり、タップ状態でも防御できたりとデッキの要となる。

キャラクターは、自分の場にリーダーを含めて6体まで。
また、自分の場に同じキャラクターは2枚以上は出せない。

・バトルを行うには、「バトルカード」が必要。
バトルカードには「攻撃能力値」と「防御能力値」が書かれており、その数値を使ってバトルする。
バトルは自分の場に3枚まで出せ、相手の場のバトルカードも使用することができる。

・バトルを受けた側は、アンタップ状態の前衛キャラクターで受けるか、リーダーで受けるか選択する。

・バトルによって相手のキャラクターのHPを0にしてダウンさせたら、ご褒美としてデッキから1ドローできる。





 と、当時としてはなかなかに独創的なゲームシステムで、
しかもキャラゲーとしてゲーム性とキャラクター性を両立させている本当によくできたゲームです。
 
 最近のキャラゲーだと「普通の女子高生」が「魔王」を殴り倒す…っていうのはよくある事ですが
いやいや、お前 魔王のくせに、なんでそんなしょぼいステータスなん?」と キャラゲーとして 違和感を覚えるような展開を
リーフファイトの「バトルカード」システムは 見事に解決しています!

関連記事: ルール紹介 バトルシステムについて

 大変 画期的なバトルシステムでした。


 5つの力・早・根・賢・感パラメーターは 自分のお気に入りキャラクターが弱くて全く使えない というのを うまく回避しています。 (*2)
(力が弱い代わりに、賢が高い など)

 反面、能力が多いため カードの強さを一見してわかりづらいという複雑さも生んでいます。
 そこが、新規プレイヤーにとっては 敷居の高さになるかも?



 2011年に 「ファンタズマゴリア」という リーフファイトにかなり酷似したゲームシステムのTCGが発売され
リーフファイトを知るプレイヤーは驚かされたりしました。
 まぁ、それだけ リーフファイトのゲームシステムは素晴らしく このまま埋もれさせるには、勿体なかったのでしょうね。


 そんな、元祖原作付美少女カードゲームであるリーフファイトのカードを、このブログでは振り返ってみたいと思っています。


(c)ティーアイ東京 (C)Leaf / AQUAPLUS


(*1)
自分と相手に効果を発揮するカード。
自分と相手合わせて1枚までしかフィールドにセットすることはできない。
Ver2から登場。

(*2)
他の利点としては、
数値が多い分、ゲームのインフレも緩やかだった。
実際、Ver1のカードがリーフファイト終焉時まで活躍していました。




リーフファイト カードゲーム Expansion Ver3.00リーフファイト カードゲーム Expansion Ver3.00
()
ティーアイ東京

商品詳細を見る

リーフファイト トレーディングカードゲームビギナーズガイドリーフファイト トレーディングカードゲームビギナーズガイド
(1999/04)
メガストア編集部

商品詳細を見る

リーフファイトトレーディングカードゲーム公式ガイドブック2002 (Dセレクション)リーフファイトトレーディングカードゲーム公式ガイドブック2002 (Dセレクション)
(2002/03)
月刊コミック電撃大王編集部

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/41-b5932374


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。