プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシャスメモリーズ について

 エンスカイから2010年に発売された、様々な萌え系アニメが参戦しているTCG。

 まず、目を引くのは その作品数

 大流行した「けいおん!」をはじめとして
 「化物語」「侵略!イカ娘」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「初音ミク」「みなみけ」「魔法少女まどか☆マギカ」「ゆるゆり」から「ガールズアンドパンツァー」「カードキャプターさくら」などなど…

 多すぎっ!!


 軽く数えても、(二期や劇場版なども含めると) 48タイトルのアニメが参戦しています。(2014年現在)

 ほぼ毎月、新しいセットが発売されているので遊んでいる人も付いていくのが大変

 そんな販売ペースなので、カードの総数も もの凄い事に・・・
 2年でカード総数が2000枚を越えるなんて、あんまり他にはないのでは?
 しょせんキャラゲーだろうし、そもそもこれだけカードを乱発しているなら
 「カードも似たり寄ったりの物ばかりでしょ?
 と思うかも知れませんが、意外とそうではなく、
 作品毎にテーマや新しいシステムがあったり 作品間を繋ぐカードがあったり 意外とあなどれません。

 ルールも癖がなく、わかりやすいのが魅力ですね。



以下、このゲームの特徴




・デッキ60枚。 同カードは4枚まで

・毎ターン 2ドロー (*1)

・カードの種類は
 キャラクターカード ・・・ 通常のキャラクターと 戦闘力を持たない サポートキャラクターがある
 イベントカード   ・・・ ソーサリー、インスタント  (魔法カード)
 サポートカード   ・・・ エンチャント(クリーチャー)  (装備カード)

 「キャラクターカード」は ”AP” と ”DP” を持つ。

・各カードには”使用コスト”と ”発生コスト”を持つ。
 コストを支払う際、手札のカードを捨てる。
その際、捨てたカードの”発生コスト”分のコストが発生  (類例 Lycee)  (*2)

最低1枚は 同じ色か 同じ作品のカードをコストとして支払わないといけない  (*3)

・自分の場に同じカードが既に出ている場合 そのカードは場に出せない   (*4)
(カード番号が違うならば、同じ人物が何人も出して大丈夫)

・キャラクターは ”メインエリア”か ”サポートエリア”に配置できる
メインエリア”は キャラを5枚しか出せない
サポートエリア”は 好きなだけキャラを出せる代わりに そのキャラは戦闘に参加できない  (*5)

・キャラの攻撃(アプローチ)に対して ブロック(妨害)されなかった場合
相手のデッキのカードを1枚 ポイント置き場に置く。
相手のポイント置き場のカードが7枚を越えた場合 ゲームに勝利する。

・マリガンは1回のみ。 手札を好きな順番でデッキの底に戻し 7枚引き直す。  (*6)

・キャラのAP/DPは「10から40まで10刻み」とわかりやすい
30で強い。  40はファッティ。 50越えると化け物 そんな感覚
 APが0であったとしても、攻撃に対してブロックされなければ 相手プレイヤーに1ポイント与えられる。





 このプレシャスメモリーズ、だてに4年も続いていません。
 「しょせんキャラゲーでしょ」、と食わず嫌いするのはもったいない!!

 実は、ゲーム性がなかなか本格的で、キャラゲーにありがちな可愛いキャラクターがいるなら 面白さは二の次というのはあまり感じられません。
 それでいて原作再現カードも多く、ゲーム性を優先するためにキャラクター性を犠牲にすることもなく、実にバランスのとれたよいゲームだと思います。
 
 基本的にスターターデッキも作品ごとに出るので、とっつきやすさはあるのですが、作品によってはなぜかスターターデッキが出ないのがよくわからないです。
 毎回ちゃんと出してくれたら、作品ごとのテーマとかとっつきやすくてよりよいのになぁと思います。


(c)ムービック (c)エンスカイ


(*1)
手札をコストとするゲームだと、毎ターン 2ドローなゲームが多いですね

(*2)
例えばコスト3のカードを使用する場合、
発生コスト1”のカードと ”発生コスト2”のカードを捨てる事で使用可能。

(*3)
同じ作品で デッキを作る際は、気にせず好きなカードを入れたら良いけど
複数作品を跨ぐデッキを作る際は、カードの色を意識しないといけない

(*4)
同じ名前のカードではなく 同じカードを出すことができない 点である事に注意

(*5)
サポートエリアのキャラクターを気軽に メインエリアに移動させることはできない

サポートエリアには、場にいてくれるだけで効果を及ぼしてくれるような
エンチャント的なキャラクターが置かれる

(*6)
デッキの底のカードを参照する物もあるため マリガンを活用したプレイングも可能




プレシャスメモリーズ けいおん!スターターデッキプレシャスメモリーズ けいおん!スターターデッキ
(2010/05/28)
エンスカイ

商品詳細を見る

魔法少女まどか☆マギカ (プレシャスメモリーズ コンプリートカードコレクション)魔法少女まどか☆マギカ (プレシャスメモリーズ コンプリートカードコレクション)
(2012/04/25)
不明

商品詳細を見る

化物語 (プレシャスメモリーズ コンプリートカードコレクション)化物語 (プレシャスメモリーズ コンプリートカードコレクション)
(2012/04/25)
不明

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/27-0c4604f6


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。