プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムウォーについて

 「機動戦士ガンダムシリーズ」をテーマにしたTCGで、バンダイから発売されています。
 TCGにしては珍しく、開発会社(2D6ゲームス) がきちんと明記されています。
 今でこそ遊宝堂などが開発会社として名が上がりますが、発売当時に開発会社が明記されていたゲームは珍しかった記憶があります。


 発売は1999年。数あるTCGの中でも かなりの古株ですが、 (*1)
 2011年に、「ガンダムウォーネグザ」としてシステムも新たに生まれ変わり、
ガンダムウォー」のカードは 基本的に使えなくなりました。 (*2)
 

 さすが 題材がガンダムというだけあって勢いも強く
 エキスパンションが第28弾まで発売されたというのは、さすがの一言

 初期は アニメ作品から登場したカードばかりでしたが
 途中から、外伝のコミックスなどへと広がり、最終的には「SDガンダム」まで登場するように

 また、基本システムはオーソドックスながらも、
 さまざまなゲームシステムを貪欲に、どんどん拡張する姿勢が印象的で  (*3)
 その結果、面白いカードが多いのが好きなポイントです。


 このゲームの特徴としては・・・



 ・デッキ(本国)は 50枚。相手のデッキ(本国)を0にすると勝利
  デッキには 同名カードを3枚までしか入れられない。

 ・カードの種類は
 ユニット     ・・・ クリーチャー
 キャラクター  ・・・ パイロット (ある意味、エンチャント(クリーチャー))
 コマンド     ・・・ ソーサリー・インスタント
 オペレーション ・・・ エンチャント
         ・・・ 土地
 ACEカード   ・・・ ユニット + キャラクター + オペレーション の究極のカード

 ・色は 青、緑、赤、黒、白、紫(無色)

 ・カードのプレイコストは [指定国力]・[合計国力]・[資源コスト]で表され (*4)
  MtGのように土地をタップして 使用できるコストが減る という概念がないため
  使用条件が満たしてさえいれば カードを使いまくる事ができ、派手なゲーム性。

 ・G(土地)を 毎ターン1枚 セットできる。
 ・ユニット、キャラクター、オペレーションは 各々、ターンに1枚ずつ 場に出せる。
 (*5)

 ・地球、宇宙、リング という戦場があり そこにユニットを出撃させる。
  複数のユニットが 戦場にいる場合 前から順に並べ それが部隊になる。

 ・ユニットには [格闘力]/[射撃力]/[防御力
  部隊の先頭のユニットは 格闘力  それ以降のユニットは 射撃力 で戦闘を行う。
  先頭にいるユニットから順番にダメージを受けていきます。 (*6)

・資源を支払ったり、プレイヤー自身がダメージを受けた場合 
  デッキ(本国)から そのダメージ分だけ カードを裏向きのまま 捨て札置き場に置く。
  ダメージの回復をする際、その裏向きのカードを デッキ(本国)の上に置く。


(C) BANDAI CO,LTD.
(C) 創通・サンライズ  (C) 創通・サンライズ・MBS



(*1)
遊戯王」、「アクエリアンエイジ」、「リーフファイト」 なんかと同級生。

(*2)
ガンダムウォーフォーマット」という環境では「ガンダムウォー」と「ガンダムウォーネグザ」のカードを混ぜてプレイ可能。

(*3)
ハンガー”や ”リング”のルール追加。
ACEカード”の追加 などで、特に驚かされました。

(*4)
プレイコストが 青 2・4・1 のカードの場合
青Gが2枚、Gが合計4枚ある時 本国(デッキ)よりカードを1枚 資源として捨て札置き場に置く
ことで使用できる。

(*5)
遊戯王における 通常召喚権が ユニット、キャラクター、オペレーション に 一つずつあるイメージ

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/23-42409d8b


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。