プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョABCについて

「ジョジョの奇妙な冒険ABC」 ・・・ Adventure Battle Card


ジャンプ漫画 「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にしたTCGです。

第1弾1部~3部を収録
第2弾4部が追加

と、新しいエキスパンションが出るたびに 少しずつ収録作品が増えていき

第8弾スティールボールラン(7部)も来た!
と言う所で、新弾が出なくなってしまいました・・・

残念


このゲーム、キャラをジョジョにしただけな 志の低いゲームではなく
オリジナルなゲームシステム、しっかりとしたカードデザインと なかなか侮れないゲームです。

以下、特徴




・デッキは30枚、 初期ライフは13

・カードのタイプは
 ヒーローカード ・・・ ゲーム開始時に1枚置かれる
 キャラカード  ・・・ 敵・味方関わらず、同じキャラクターを場に出せない
 イベントカード ・・・ 基本的に、インスタントタイミングで使える魔法
 スタンドカード ・・・ 決まったキャラに 装備させられる
 ステージカード ・・・ 戦闘する場所

キャラカード は、P・T・Sの戦闘力と レベルを持つ。
P・T・Sのうち、自分の一番得意な数値を 攻撃力として判定される。 (丸の付いた数値)
また、許容レベルを超えるステージに入ることはできない


・お互い ”ヒーローカード”を場に出ている状態で始まる  
類例 「MtG」の ヴァンガード戦、「妖精伝承」のプレイヤーカード

・毎ターン 1~2枚ドロー

・毎ターン 手札から1枚 土地として出せる
土地を裏返し(タップ)してコストを払いカードを使用するのだけれども、コストの払い方は特殊

・”ステージカード”を配置して、そこで戦闘を行う。 ステージカードは敵味方 合わせて3枚
類例 リーフファイト





なかなか独自性のあるゲームです。
詳しくは、各種 ルール紹介記事をご覧ください

特に、コスト周りの癖は強く
慣れるまでは、デッキを作るのはおろか デッキを回すことも ままならないでしょう

そこを乗り越えると、めんどくさい だけではない 奥の深さに繋がると思いますが


また、後半のエキスパンションになるにつれ どんどんハジけたカードが出てくるのも魅力
最終的には、「このカード 大会で使えるの?」と思ってしまうカードがあるくらい

キャラゲーと甘く見て 埋もれさせるには勿体ないゲーム、
「ジョジョ好き」にも 「ゲーム好き」にもおススメできます。

・・・どうやら、メーカー側のサポートは 終わってしまったみたいですが
(バンナムめっ)



関連記事:
 戦闘システムについて



(c)BANDAI (c)荒木 飛呂彦
関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/20-5dc4b308


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。