プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アクエリアンエイジ】 キネティックショット

 アクエリアンエイジSaga1において、『ファラオの呪い』などとともに猛威を奮ったいわゆる焼きカードの一枚です。

キネティックショット

キネティックショット  (Saga1)

 ファストカード  E.G.O.  1ファクター1コスト
 目標のアクティブキャラクターひとりに2ダメージを与える。
この結果捨て札になったネームレベルのカードは、ダメージ置き場ではなく捨て札置き場におかれる。


アクティブキャラクター ・・・
 アクエリアンエイジでは、キャラクターは 一度 勢力エリアという 中立地帯に配置し
ターン終了時に 自分の支配キャラクターになる。 

という手順で 自分の仲間を増やします。
(そのキャラクターに十分なパワーカードがセットしないといけない)

アクティブキャラクターとは その勢力エリアの一番上にいるキャラクター
つまり、このターン 仲間になるであろうキャラクターです。


 そのアクティブキャラクターに 2点ダメージを与える 『キネティックショット』。

 与えられるのは、アクティブキャラクターのみ。
一度支配されたキャラクターには撃つことができないため、それほど強くない・・・

ということは まったくありませんでした


A 「このターン この『ウェイトレス』を出して 仲間にするぞ
B 「はい、『キネクティックショット』 」
A 「このターン、キャラクターが増えなかった・・・

アクエリアンエイジでは、支配キャラクター は 他のTCGでいうところの土地みたいなものなので
そのターン、土地が置けなかったと同じくらいのダメージです。


 特にこの時代は、キャラクターカードのパラメーターも低く、シールドのスキルもないため
大抵のキャラクターは 『キネクティックショット』で死にます。

 特に 展開に重要な 『ウェイトレス』『風水師』『タロットディーラー』などの ドローキャラクターが焼かれた場合の被害は甚大。
それだけで 展開負けしてしまいます。  (*1)

 あえて、アグレッシブ持ちのキャラクターを勢力エリアに置いたままにして
わざとダメージを受けて展開する アグレッシブ展開(*2) というテクニックもありますが
それも、『キネクティックショット』一発で計画が狂わされます。


 Saga1は、以降の環境と違って 遅いという特徴があります。

 カードのパワーが低めだったり、ファクターが高めだったり するためですが
キネクティックショット』の存在も 原因のひとつでした。


 もう一つ。

 アクティブキャラクターを ブレイク(進化) しようとして
相手に割り込みで、『キネティックショット』が撃たれると 悶絶するほどの被害を被ります。

アクティブキャラクターブレイクカードブレイクのためのコスト をまとめて失います。
とはいえ、勢力エリアのキャラクターではなく キャラクターをいったん支配してから ブレイクするとテンポが大きく損なわれるし・・・

 それを防ぐために勢力エリアのキャラクターをブレイクするときは、そのキャラクターの上にキャラクターを重ね、アクティブキャラクターでなくしてからブレイクするという小技が発明されたりもしました。  (*3)
 

 とにかくプレイングに与えた影響は大きく
E.G.O. 1ファクターが見えている限り 油断すると 撃ち抜かれてしまいます。

 どう考えても使われると嫌すぎるカードなためか、Saga2に移行するときに再録されることはありませんでした。


(c)ブロッコリー


(*1)
勢力エリアに複数のキャラクターを置く事で、最悪『キネクティックショット』を撃たれても キャラクターを増やす というプレイングは可能です。
ただ、手札消費が大きいのと どのキャラクターを支配させるか? の選択権が相手にあるような物なので
やはり厳しいです。

(*2)
アグレッシブ展開 ・・・
 そのうち、説明します。

(*3)
しかし、相手の手札に 2枚の『キネクティックショット』があった場合
やはりひどい目に合います・・・

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

いつも大変良い記事、ありがとうございます。

このカードは書いてあることこそ焼きですが、
実質的な動きは対生物用カウンターに近いというのが大変興味深いですよね。
当時の白&タッチ白を大きく支えた屋台骨と言えるカードです。

後に登場したノンブレイク全員ファスト目標外能力や「レイガン」の存在から、
このカードは所謂失敗デザインだったのかと、個人的には思ってます。
(トーナメント志向で見れば悪いカードではないのですが)
2014-07-25 00:29 | acta, #l0DKMnSU | URL [ 編集 ]

>acta さん

コメントどうもありがとうございます。

アクエリアンエイジは、やはり独特なゲーム性からか これで伝わるだろうか? と悩みながら記事を書いているのですが
楽しんで貰えたなら 嬉しいです。

>>実質的な動きは対生物用カウンターに近いというのが大変興味深いですよね。
まさに その通りで、独特な使い心地のカードですよね
(だからこそ、取り上げました)

個人的には、このようなお互いの手札を探り合い読み合いをするカードは面白くて好きなのですが やはり強すぎるカードですね、これ
2014-07-28 02:05 | せっき~ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/156-6d808cac


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。