プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウィクロス】 ピルルクΩ

 
 ウィクロス第1弾のルリグ 『コードピルルクΩ』 の紹介です。

 スターターに入っているピルルクとはまた違う、非常に強力な能力をもったルリグです。


ピルルクΩ

コード ピルルク・Ω
 ルリグ レベル4  リミット 11  グロウコスト 青3

 起>手札から青のシグニ1枚捨てる: 対戦相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


 その能力とは、自分の青いシグニ(クリーチャーカード) を捨てると、相手の手札を1枚破壊するという能力。

 この能力は、1ターンに何度も使えるので、こちらの手札がつきない限り永遠に相手の手札をからっぽにできます。
(さすがに、この能力は 自分のターンしか使えない)
 ただ、レベル4ルリグであるため このカードが出てくるのは ほぼ終盤。
手札破壊で良くある 相手の立ち上がりを遅らせたり 事故らせたりして、テンポアドバンテージを得る使い方はできません。

 また、ウィクロスは 毎ターン2ドローできるゲームなので
今引いてきた2体のシグニをそのまま場に出されたりして、戦線をすぐに立て直されてしまう…なんてこともよくあります。



 と、そんな弱点はありますが、使い方さえわかればなかなかに強いカードです。

 青はドローが得意なので、『ピルルクΩ』の手札コストを気軽に払えます。
そのため、相手の手札を 毎ターン0 にし続ける というのが十分可能。

 この手札0状態 というのは、なかなかヤバい状態で
「ガード」効果のあるカード” を手札に持っていられない という事。


 そのため、こちらのルリグアタックを通したい放題!!   (*1)

除去や「フリーズ」などで 相手をコントロールし続け
(手札が無いので、反撃の手も弱い)
ルリグアタックを通し続け 勝つ

そんな青のコントロールデッキでは 無くてはならないカードです。

 ウィクロスの青は シグニのパワーも弱く、非常にプレイングが難しい
1手のミスが敗北につながってしまう、上級者向けの色ですが、実に面白い動きができるので、一度はぜひプレイしてみてください。



 さて、この『ピルルクΩ』ですが
現時点(第一弾環境) では、シングル価格が一番高いカード になっています。  (*2)(*3)

何故か?

 それは、青デッキを作るには このルリグしか居ないからです。

白は 『満月の巫女 タマヨリヒメ(*4)』、『太陽の巫女 タマヨリヒメ』、『暁の巫女 タマヨリヒメ
赤は 3止め花代、『百火繚乱 花代・肆』、『轟炎 花代・爾改

と選択肢があるのに

青デッキを作りたければ 今のところ 『ピルルク・Ω』 一択
(青はシグニのパワーを上げて戦う色ではないので スターターピルルクは そもそも噛み合わない)

その癖、構築した青デッキは十分強いのだから そりゃ値段も付きますよね。

ただ、ルリグは デッキに1枚あれば大丈夫なので まだマシかな

 今後、第二弾では新しい青ルリグ『エルドラ』が出てきますし、さらに新しい『ピルルク』が出てくると 変わると思います。



(c)タカラトミー


(*1)
ルリグアタック(プレイヤーの直接アタック) は、シグニでは防ぐことができず
「ガード」の効果を持つカード” を手札から捨てた時のみ、防ぐことができる。

(*2)
3500円くらい
ブースターが市場に出回ることで もう少し下がってくると思います。

(*3)
レアリティは ルリグレア
1箱(20パック) に 1枚

(*4)
満月の巫女 タマヨリヒメ
 スターターに入っているタマ
十分戦える。

関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/132-3e8086fb


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。