プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエルマスターズについて

 小学館のコロコロコミックタカラトミーがタッグを組み、2002年に発売されたTCGです。

 「遊戯王」、「ポケモンカード」とともに、子供向けTCGとして親しまれています。


 しかし、子供向けゲームと侮るなかれ!
 実はこのゲーム、MtGの開発会社であるウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が開発をおこなっています!
 単にコロコロがバックアップしていて、漫画が人気あるから…ってだけで続いているわけではありません。


 ゲームとしての魅力は、MtGを踏襲しつつ、子供向けにアレンジをしている点。
 ややこしいルールをなるべく簡略化しつつも、大人でも十分本気で楽しめるゲーム性を保持しています。
 クリーチャーが格好良く! クリーチャー同士のバトルが中心の熱い展開。
 また、デュエルマスターズで評判の良かったシステムがMtGに逆輸入されることもあったりして、なかなかに馬鹿にできません。
 MtG経験者なら、少しルールの説明を受けるだけで すぐ始める事ができるのもウリですね。

 発明的なゲームシステムが多く、以後のTCGに大きな影響を与えました。
 デュエルマスターズ以前、デュエルマスターズ以後でカードゲームのシステムが変わったと言っても過言ではありません。 それくらい、発売当時は挑戦的で意欲的、革命的なゲームシステムでした。

 以下、特徴。



・デッキは40枚。 同じカードは4枚まで  (*1)
 超次元ゾーン用カードを 8枚まで用意できる。 (遊戯王における、融合デッキ・エキストラデッキ のようなもの)

・カードの種類は
 「クリーチャーカード
 「進化クリーチャーカード
 「呪文カード」   ・・・ ソーサリー呪文のみ  (インスタントの概念はない)
 「クロスギア」   ・・・ MtGにおける 「装備品」
 「」        ・・・ シールドに付ける エンチャントみたいなもの

 クリーチャーパワーの数値のみを持つ
 (パワーが 攻撃力と防御力をかねる)
 ダメージの蓄積は無し

・色は 「」「自然」「」「」「」  (*2)

・手札から 好きなカードをマナゾーンに置く事で、土地として扱える。  (*3)(*4)

・各カードは、そのカードの色のマナを最低1マナ含む マナコストを支払う事で使用できる。
 (MtGで例えると、全てのカードの色マナ指定が1)

・プレイヤーは シールドという5枚のカードに守られてゲーム開始
 相手のシールドを全て破壊した上で、相手プレイヤーに攻撃を通すと勝利。
 相手のシールドを破壊すると、破壊されたカードが 相手の手札になる。  (*5)

・「ブロッカー」の能力を持つクリーチャーしか、相手クリーチャーの攻撃をブロックする事ができない  (*6)
 その代わり、タップしているクリーチャーに対して アタックする事ができる。   (*7)(*8)

・罠カード、インスタント呪文のようなものは存在しません。
 相手のターンにやる事は 基本、相手クリーチャーのアタックを ブロッカーでブロックするかどうか? のみ

 一部、「S・トリガー」「ニンジャストライク」のように 限定的に相手のターンに使用できるカードもあります。(*9)




 面白いカードが多くあり、新エキスパンション毎に 新しいメカニズムが公開される度に ビックリさせられます。
(特に ゴッドリンクが出た時は 驚かされました)


 ただ、たまに あまりにも強いカードを作って 環境が荒れる事が多い印象があるのも確かです。
 子供向けに 派手で強いカードをウリにしたいのはわかりますが 「なんでこんなカード作っちゃったん?」と思ってしまうカードがちらほらと

 最近は、「殿堂入り」「プレミアム殿堂入り」などで 環境が整備されるようになりましたが
 少し昔は メーカー側の反応が薄く、地獄でしたね。
 具体的には「無双竜騎ボルバルザーク」(*10)の時代など・・・


 最近は、きっちりサポートされるようになり 安心して遊べるようになってると思います。


 それにしても、最近カード名が子供向けというか ギャグっぽいのが多いのはなんでしょうね?
 昔の、大人からみてもカッコイイ路線から外れてきて なんか、大人をなるべく排除しようとしている? 
 なんて勘ぐってしまいます。
 
 ある意味コロコロらしいといえばらしいのですが、やはり大人が「カレーパン!」とか叫ぶのは恥ずかしいです…


(C)タカラトミー


(*1)
 一部のカードは、「殿堂入り」(デッキ1枚制限) 「プレミアム殿堂入り」(禁止カード)に指定されている。
 「プレミアム殿堂コンビ(指定された2種類のカード両方を 同じデッキに入れてはいけない)という珍しい制限もある

(*2)
 色の役割は大体MtGと同じ

(*3)
 デュエルマスターズの発明 その1
 以後、類似のゲームシステムをもったゲームがたくさん生まれました。

(*4)
 厳密には、「レイフィールド」のように 手札のカードを裏向きにして土地として置くゲームはあったのですが
 「デュエルマスターズ」は、表向きにして色マナの出る土地としたのが発明。

(*5)
 敗北に近づくたびに、手札アドバンテージを得られ、逆転しやすくなるゲームシステム。
 これも、デュエルマスターズの発明。

(*6)
 ブロッカーは原則、光と水と闇文明にしか存在しない。

(*7)
 ブロッカーの居ない 火、自然のクリーチャーは タップしているクリーチャーをアタックして破壊する事で
 次の攻撃からプレイヤーを守るしかない。

(*8)
 タップしているクリーチャーへのアタックに対して ブロッカーがブロックして、タップしているクリーチャーを守る事は可能。
 タップしているクリーチャーへのアタックが通ると、そのクリーチャーとのバトルになる。(一方的にダメージを与えるわけではない)

(*9)
 これも、子供向けに 考える事を減らしたい  複雑なゲーム性にさせたくない と言う気遣いだと思う。
 それだけども、熱い駆け引きが損なわれていないのが凄い。

(*10)
 某所で、「ボルバルザークを殿堂入りに!」と 署名活動が行われていたり
 ボルバルザークが嫌でプレイヤーが減った暗黒時代がありました。それくらい、ひどいカードでした…




別冊コロコロコミック増刊 デュエル・マスターズ スペシャルスタートブック 2014年 04月号 [雑誌]別冊コロコロコミック増刊 デュエル・マスターズ スペシャルスタートブック 2014年 04月号 [雑誌]
(2014/03/22)
不明

商品詳細を見る

DMD-15 デュエル・マスターズTCG ドラゴン・サーガ ビギニング・ドラゴン・デッキ 「熱血の戦闘龍」DMD-15 デュエル・マスターズTCG ドラゴン・サーガ ビギニング・ドラゴン・デッキ 「熱血の戦闘龍」
(2014/03/21)
タカラトミー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

 <<  ホーム >> 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cardreview.blog.fc2.com/tb.php/13-460a461a


 <<  ホーム >> 

page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。