プロフィール

せっき~

Author:せっき~
ネタカードが大好きな永遠のカジュアルプレイヤー。
変なコンボデッキを作っては、相手を驚かせるのが大好き。

いろいろなゲームを取り上げている兄弟blog「せっき~のゲーム屋さん」も やってます。
http://sekigames.gg-blog.com/

連絡先
sekisekiseki(あっと)gmail.com


プロフィール

Author:ろくす
赤命。とにかく焼いたり速攻が好き。圧縮デッキも好き。

基本的に前のめりなデッキばかり使うので、相手の出方を待つのは苦手。

アクセスカウンター


検索フォーム


最新記事


まとめ


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


タグ一覧

良いフレーバー  MtG  モンスターコレクション  ロマン  ガンダムウォー  ウィクロス  プロモカード  デュエルマスターズ  弱い  クロスオーバーF&C  ヴァンガード  多人数戦  遊戯王  面白い能力  MtG  制限カード  コンボ  FFTCG  強い  カードヒーロー  ジョジョABC  ネタカード  原作再現  バトルスピリッツ  WIXOSS  月別まとめ  ファンタズマゴリア  バディファイト  壊れ  超強い  禁止カード  なぜ作った?  環境を作った  プレシャスメモリーズ  環境にいるのが大事  このゲームならでは  ヒーローズプレイスメント  イベントレポート  ヴァイス・シュバルツ  アクエリアンエイジ  ディメンション・ゼロ  世界に10枚  ジョジョABC  デメリット?  デメリット  HearthStone  制限  コラム  エラッタ  ドミニオン  神の怒り  デュエルターミナル  ルール紹介  ヴァイスシュバルツ  ラストクロニクル  E・HERO  融合  クロスオーバーF&C  リーフファイト  原作再現?  デッキから唱える  勘違いしやすい効果  ルール変更  スタンド  小話  専用デッキ  バニラ推し  コンピューターゲームならでは  コア除去殺し  引き分け狙い  がっかり  うどん  デッキ圧縮  なぜか制限されない  ファッティ  カウンター  精神攻撃  15秒ドラゴン  ヴァイスシュヴァルツ  進化  プレイヤーを殺す  壊れカード  タルモゴイフより強い  サイバー・ドラゴン  主人公  能力てんこ盛り  はじめに  

相互リンク、RSS 募集中です! 詳しくはこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウィクロス】スターター 白デッキの考察

 WIXOSS-ウィクロス-スターター

ホワイトホープ(白) の紹介です。

DSC_0017a.jpg
 ↑ 白デッキのルリグ 「タマ」こと 『タマヨリヒメ


 白の特徴は、シグニの質の良さシグニのサーチが得意な所。
そして、何より とても使いやすい
(初めて ウィクロスを遊ぶ人は まず白デッキを使うのがおススメ)


 キーカードは『甲冑ローメイル
DSC_0019a.jpg
甲冑ローメイル
 シグニ(タマ限定)  レベル4
 常:対戦相手のターン中、あなたのすべてのシグニのパワーを+1000する。
 
 12000


 レベル4ルリグ 『満月の巫女タマヨリヒメ』の能力とセットで
DSC_0015.jpg
満月の巫女 タマヨリヒメ
 ルリグ  レベル4 リミット11
 常:あなたの場に<甲冑 ローメイル>があるかぎり、あなたのすべてのシグニのパワーを+2000する。


 相手のターンには パワー15000になります!

 『甲冑ローメイル』が2体並んだなら パワー16000!!
こうなると、赤の『飛火夏虫(パワー15000以下をバニッシュ) にも焼かれなくなるので
基本的に超えられない壁となります。

 そのため、スターターでは 速やかにレベル4までグロウ(進化) して『ローメイル』を場に出し
ローメイル』を守りきる この2点がポイントとなります。

続きを読む »

スポンサーサイト

ウィクロス について

 WIXOSS-ウィクロス-

 タカラトミーが 今年の4月に発売したばかりのTCGです。

 当初は、ゲームの内容が詳しく紹介されておらず 一体どんなゲームなのか? という不安がありましたが
アニメの評判の高さからか、発売されると同時に全国各地で売り切れが続出しました。
(ちなみに、自分は 発売日の朝一に店に並んで やっとゲットしたくらいです。)


 そして、実際遊んでみると ゲームとしてもウィクロスは面白い!!
運とプレイング、構築力の配分が絶妙で、いろいろなところで考えさせられるゲームシステムです。

 プロのMtGプレイヤーがゲームデザインを担当しているとの事ですが (*1)
さすがですね!


 ウィクロスは、今一番注目されているTCGといっても過言ではないです。



以下、詳細

続きを読む »

【アクエリ】I-7”ナナ”エマージェンシーモード

 アクエリアンエイジの重要なシステム ブレイク(進化)
そのブレイクを活かした面白い効果のブレイクカードを紹介。


ナナ  ナナ・エマージェンシー

メイドロイドI-7”ナナ” (Saga2)

 ブレイクカード  E.G.O. 2ファクター2コスト
 このキャラクターにセットされているブレイクカード・キャラクターカードのスキル・エフェクトすべてを持つ。

 4/3/3

I-7”ナナ”エマージェンシーモード  (Saga2)

 ブレイクカード  E.G.O. 3ファクター1コスト
 ”ナナ”のみブレイク可能
 このキャラクターにセットされているブレイクカード・キャラクターカードのスキル・エフェクトすべてを持つ。
 このキャラクターに このカードの下にセットされているブレイクカード1枚につき +0/+1/+1 する。

 5/4/4


 基本的にブレイクすると、ブレイク元となったその下のカードは参照しないのですが
このカードは特別。

 『ナナ』は 下のブレイク元が持っているスキル(キーワード能力)エフェクト(起動能力) をそのまま引き継がれます。

続きを読む »

【HearthStone】 Shadowform

 HearthStoneプリースト(Priest) の ヒーローパワーは『Lesser Heal
2マナを払うことで 1体を2回復する能力

 タフなミニオンを回復しつつ場を固め、最終的に押し切るのがプリーストの戦い方です。


 そんなプリースト専用のカードの中から 少し特殊なカードを紹介。

Shadowform

Shadowform

 スペル(Priest)  3マナ
 ヒーローパワーをMindSpikeに変更する
すでにヒーローパワーがMindSpikeの場合、MindShatterに変更 (和訳)


続きを読む »

【バトスピ】漆黒鳥ヤタグロス

 バトスピでも、緑が得意なのは リソース加速

 『グラーバ(*1)』と 『スタッグローブ(*2)』のコンボのように コアをどんどん増やしていきます。
そのコア加速の極め付けなカードがこちら

ヤタグロス

漆黒鳥ヤタグロス

 スピリット-爪鳥  緑 6コスト(軽減3)
 Lv1(1) BP 4000
 Lv2(1) BP 6000
 Lv3(1) BP 8000

Lv1・Lv2・Lv3「このスピリットの破壊時」
 ボイドから、このスピリット上に置かれたコア1個につきコア1個を自分のリザーブに置く。

続きを読む »

【プレメモ】八九寺 真宵(031)

 プレシャスメモリーズ「化物語」より、一風変わったアタッカーを紹介。
 この『八九寺 真宵』はプレメモ独自の サポート送りという面白い能力を内蔵しています。

八九寺

八九寺 真宵(031)

 使用コスト4/発生コスト1/黄
 【制服】/【怪異】
[アプローチ/自分]:0 このカードと、このカードを妨害しているキャラ1枚をサポートエリアに移す。

 AP40 / DP30


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【デュエマ】ハイドロハリケーン

 デュエマスには、結構ていねいに作られた世界観があります。

 このカードが出た時のストーリーは
光文明と闇文明との争いが激化する中
自然文明は光文明と同盟を組み、火文明は闇文明と同盟を組む

 その中で 水文明は、中立を保ち 光文明と闇文明の間を取り持つという設定。
 そんな設定をうまく表しているカードです。

ハイドロハリケーン

ハイドロハリケーン

 呪文  水文明 6マナ
 バトルゾーンにある自分の闇のクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
 バトルゾーンにある自分の光のクリーチャー1体につき、相手のマナゾーンから1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。



続きを読む »

【モンコレ】ポイズン・トード

 モンスターコレクションの大きい蛙モンスター。
ポイズンと言いながら、あんまり毒要素はないです。


ポイズン・トード

ポイズン・トード

 水 レベル2
 イニシアチブ:-1
 タップ:鉄砲舌[普通/対抗]
  「種族:インセクト/クリムゾン」のユニット1体を死亡させる。

 1/3


続きを読む »

モンスターコレクションについて

モンスターコレクション(略して モンコレ)

 開発 グループSNE、販売 富士見書房のタッグによる
TCG黎明期に生まれた オリジナル版権の国産TCGとして歴史長いゲームです。

 1997年にはじまり、
2000年にモンスターコレクション2へ移行
しかし、2003年末で 一旦終了。 モンスターコレクションの歴史はここで幕を降ろしたかと思われましたが

 販売元がブロッコリーとなり、2008年に劇的な復活
発表当時は まさかの復活で、当時のユーザーは盛り上がりました。

 2011年に 販売元がブシロードに移行する
など、複雑な移り変わりがありましたが


 2014年3月31日に ブシロードから、新セットリリースの終了がアナウンスされ
再び、モンコレの歴史が終わろうとしています。



 ゲーム性としては
3×4の盤面をユニットが移動し、敵本陣をめざしたり
戦闘中、頻繁にダイスを振って結果をゆだねるなど

TCGとしては、珍しい部類に入り プレイ感覚などは どちらかと言うと、TRPGやボードゲーム寄りです


以下、特徴。


続きを読む »

【TCGコラム】カード名の誤解 からくる面白いゲーム性

 MtGでは、

ウーナの末裔  (2)(青)

 瞬速 飛行
 あなたがコントロールする他のフェアリー・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
 あなたがコントロールする他のフェアリーは被覆を持つ。

 1/1

のように、種族を指定して強化するカードが存在します。



 遊戯王でも種族はあるのですが MtGと比べ 22種類と少なく  (*1)(*2)
MtGほど 自由なデザインができません。

 そこで、遊戯王が取ったのは カード名を直接参照する方法でした。

摩天楼 -スカイスクレイパー-
 フィールド魔法
 「E・HERO」と名のつくモンスターが攻撃する時、
攻撃モンスターの攻撃力が攻撃対象モンスターの攻撃力よりも低い場合、攻撃モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ1000ポイントアップする。

 「E・HERO」と名のつくモンスターを ~~ する。
という感じで。


 しかし、「~~と名のつく」みたいな ざっくばらんな取り方をするため
予想外の物が名称に含まれる という面白い誤解が生まれました。

 それについて紹介します。

続きを読む »

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。